読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙水準点

日々の気づいたこと感じたことを綴っていきます

JAPAN MISSION PROJECTが帰ってくる!

来る5月29日、大阪にてJAPAN MISSION PROJECT第8弾が開催されます。JAPAN MISSION PROJECT、通称JMP。これ、2008年から始まったプロジェクトで福岡をスタートして大阪、東京、札幌、そして福岡と日本全国を回ってきました。そして2010年秋、第7弾を最後にし…

第117回HITOTSU学公開講座 〜観点の問題をるNohJesu氏〜

昨日は半年に一回、Nohさんが登壇するHITOTSU学公開講座に行ってきました。最初は内海さんの基調講演でした。今の時代がどんな時代なのか、個人と組織がどんな危機に逼迫しているのか、感情を込めながら、それでいて安定感ある佇まいで発信する姿は素晴らし…

基軸教育プライマリーセミナー&日韓交流フェスティバル “ヌリッショ”

先月30日から昨日までの5日間、韓国で開催された基軸教育プライマリーセミナーと日韓交流フェスティバルヌリッショに参加してきました。今回もかなり満足でしたね。今の世の中、会社でも家庭でも人間関係が難しいと言われています。私自身もどうしたら周りの…

スタートラインに立つ!

ただいま大阪駅にきています。数年前に大規模な改装があってとっても綺麗で開放的な空間になっててうっとりしちゃいますね笑はい、それはさておき、これから韓国に飛びます。歴史的なイベント、ヌリッショと世界に勝負を挑む宣言にあたるプライマリーセミナ…

なぜ観術が必要か(経済編③)

昨日仲間の1人があることでイライラしてたんですけど、今の時代っていろんなことに対して感情が動きますよね。身近では人間関係から始まって、マクロには歴史に対する悔しさとか。そういう感情って経済に活かすことはできないんでしょうか。ふっと思いつくこ…

なぜ観術が必要か(政治編③)

今日は政治パートで観術の必要性をディスカッションしました。今日は自治意識というテーマが出てきました。その言葉を聞いたとき、そういえば実家の方で自治会というのがあったなと、ふと思い出しました。それで確か祖父が代表してたとか、父が会社勤務しな…

なぜ観術が必要か(政治編②)

今日は政治面から観術の必要性を考えてみました。政治って聞くとなんか変えられないってイメージがきますよね。反対意見あっても大多数の意見に決まってしまうとか。でも変わるとか変わらないとかって考えてみたら案外問題ではないのかもしれません。だって…

なぜ観術が必要か(経済編②)

なぜ観術が必要か経済面から考えてみました今の人間関係はお金ありきの関係性がほとんどお金のために仕事する中で出会う関係性その逆、関係性がある上でなにかビジョンを共にするという関係ではありませんい本来なら後者があるべき姿だと思いましたが、今の…

なぜ観術が必要か(教育編②)

今の教育がやっていることは、正しいものを暗記して暗記して覚えたものを正しくアウトプットすることそしてそのアウトプットの繰り返しでこの社会がつくられているわけですが、これからはこのままの教育でよいのでしょうか今まではもちろんそれでよかったと…

なぜ観術が必要か(経済編①)

今日は経済面から観術の必要性を仲間と考えました経済面というと私たち個人はやっぱり目先の支払いなど生活におけるお金の問題を考えやすいのではないでしょうかじゃあ今なぜこんな風に個人の経済状況が逼迫しているのでしょうそれはひとつは経済のシステム…

なぜ観術が必要か(教育編①)

なぜ観術の勝負が必要なのか今日も朝一仲間たちとディスカッションしました今日は教育面からのアプローチ今の世の中、経済戦争をずーっとやってますが、そんな中で生き残るために国がやっていることはなんなんでしょうかそれは企業でバリバリ仕事をできる人…

なぜ観術が必要か(政治編① )

今日から本格的に2016年の勝負が始まりました!なぜこの勝負は必要なのか。それは未来のライフスタイルをいまここから創り、清心原国創建のための出発の場をスタートさせるためですね。今日も朝一メンバーとディスカッションしたんですけど、まずその勝負の…

2016年いざ勝負!

待って待って待ちわびたひとつの勝負がついに始まった!いままで共に創ってきたメンバーがまた集まる同じ釜の飯を食べ一つ屋根のしたに暮らすそうしながら未来からくるライフスタイルを形づくるみんなの表情には安心と信頼が満ち満ちているチームに分かれこ…

料理も間のアート

水素と酸素が結びついて全く異なる性質の水ができるように、料理も性質の異なるもの同士が同じ鍋という空間に入ってはじめとは姿形の全然異なる作品ができあがる。ここ最近仕事で料理をするのだけど、そのときによく思う。全く異なるところでつくられた野菜…

決めつけるということ

このところ自分自身が変わらないと前に進めないといった状況によく出くわす。その度に苦しくなって自己否定したくなって逃げ出したくなる。だけどここ最近、それ、そのままにしておいて行きたい未来に行くことができるのか?と自分からの問い詰めがくる。そ…

世界に挑む強い組織に必要なこと

今日はこんな記事を読みました。”世界に挑む強い組織とは”このことについてある人たちが話している内容。今の時代、生き残りをかけてつぶれない組織をつくることに必死な人が多い中、"世界に挑む強い組織"というフレーズには多くの人が関心をよせると思いま…

『韓国はどこへいくのか』という本

韓国はどこへいくのか?新聞の一角にこのような本の紹介があったのでふと思ったことを書いてみます。韓国というと日本からは一番近い国ですが、実は私ほとんど関心がありませんでした。みなさんも特に若い世代はそうではないでしょうか。でも今、観術を勉強…

観術のセッションはなぜ必要なのか

観術の中に自分の中をみるセッションというものがあります。このセッションなんですが、やる目的って何なのでしょうか。 セッションっていうと、自分の中を観るのは嫌!とか、めんどくさーい!とかって人は結構少なくないと思います。かくいう私も実は面倒と…

自分と自分の宇宙が消える必要性

この2日間認識セミナーを受けました。巷ではすべてはひとつとよく言われてますが、そのひとつがどういうものなのか本質の部分を2日間じっくり時間をかけて勉強してきました。5感覚に観点固定している状態では目先の仕事のことに意識がいって余裕がなくなって…

本当の創意性

昨日とあるイベントに参加してきました。造形作家のお話をトークライブ形式で聞くという内容だったのですが、「“変なもの”ってどうやって思いつくの?」「頭に浮かんだ“変なもの”をどうやって形にするの?」といったことをざっくばらんにお話してくださいま…

人類歴史に春が来る!

今日は朝家の扉を開けた瞬間春の気配を感じました。その気配につられ未来の世界をイメージしたら結構膨らんだので綴ってみました。【人類歴史に春が来る!】永久凍土に閉ざされた土壌が春の空気に触れて柔らかい緑が芽吹くように、長い間暗闇に包まれていた…

重力波、世界初観測

アメリカを中心とする国際研究チームにより重力波の世界初の観測がなされましたね。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160212-00000002-mai-soci質量あるものが移動すると時空の歪みがさざ波のように伝わって行くものが重力波ということですが、現実世界…

調和したチームプレー

デジタル経済戦争を制するポストIT時代の日本のミッション(役割)に参加してきました。といっても運営側のスタッフとしてですが。内容は世界の最先端ということで言うまでもなく素晴らしかったのですが、今日はひとつスタッフとしてお仕事させていただいた立…

宇宙は存在しない

今さらながらこのことを書いてみようと思います。昨年の5月に世界的に有名な科学雑誌「Nature Physics」で、この現実世界は人間が観測するまでは存在しないことが実験で明らかになったことが論文で掲載されました。今まで私たちが当たり前に5感覚で見て触っ…

人工知能は人間を超えるか

昨日新聞の一角に下のようなタイトルの本が紹介されていました。 人工知能は人間を超えるか ~人工知能は人間の仕事を、人類の価値を奪うのか~ ~近未来の人間と機械の共存の形とは~ 現代社会では人工知能が開発され、2018年には人間の脳を超えるものが生…

観術とはなにか

世の中を見るといろんな情報が溢れています。 人は知ってる知識が増えれば増えるほど人間関係が良くなると思い頑張ってきたけれど、実際は審判判断が多くなって争いや非難がなくならないのが現状だと思います。世界をみても戦争はなくならないし、このまま置…