読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙水準点

日々の気づいたこと感じたことを綴っていきます

なぜ観術が必要か(政治編③)

今日は政治パートで観術の必要性をディスカッションしました。


今日は自治意識というテーマが出てきました。


その言葉を聞いたとき、そういえば実家の方で自治会というのがあったなと、ふと思い出しました。


それで確か祖父が代表してたとか、父が会社勤務しながら関わっていたとか。


で、私は言葉くらいしか知らないなーって。 


昔は自分たちの地域は自分たちで治めるというのが自然な流れだったようですが、時代が流れた今は市や県がサービス化しているという話でした。


確かにそれで共同体が分断されて個人主義的な風潮になってるんだなって思いました。


隣近所との距離感が遠く感じるのもそのせいだろうと思います。


隣近所もそうですが、人との関係性をもっと深めていくには今の資本主義的な考え方に基づいていては限界ですね。


絶対的な信頼が互いにもてる共同体が必要です。