読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙水準点

若者を熱くさせる新経済と新教育について気づいたこと感じたことを綴っていきます

人間が変わること

このところ社会全体で人の内面を開発していくようなことに着目されるようになっている

 

この前も質問の質を変えることで個人から社会の変革を目指したイベントに参加した

とてもおもしろいところに着目していて楽しい時間を過ごさせていただきました

 

ただそのイベント含め社会全体でいろんなことが試されているが、私が思うに決定的に必要なものが欠けている気がする

 

それはなにか

 

 "人間そのものの変化" だ

 

 

〜人間そのものが変化しなければならない〜

 

 

思考は私が小学生だった頃に遡る

 

毎日同じことが繰り返される日々

1日三度の飯と睡眠

 

いつも朝になれば電車が走り

なにかに操られているような会社員たちは黙々と動く

頭の中ではどんな思考が巡っているのだろうか

自分のこと、家庭のこと、会社のこと、、、

 

視野を広げれば毎日のルーティンにより環境は悪化する一方

生態系を壊し人間自らの健康も害するほどに

明日は我が身と誰でもわかるのに誰もやめようとはしない

 

視点を変えて

周りを見渡せばミクロからマクロまで争いは絶えない

教室内での喧嘩、いじめ

先生同士の摩擦

国会中継の中での醜い言動

国と国の対立

 

人間の活動とはこんなものなのなのか

怒りと絶望感があった

この状況を見ていて人類の未来が明るいとは思えない

 

これらの原因はどこにあるのだろうか

考えたらすぐに答えはきた

それは確実に人間のそのものの "我" にある

 

"人間は自分のことしか考えていない"

 

ということ

自分といっても

 大切な恋人がいたら

自分とその恋人までが自分

大切な家族がいたら

自分とその家族までが自分

大切な会社があったら

自分とその会社までが自分

 

自分の範囲はそれぞれ違うが、要は部分のことしか考えてないということ

 

だから争う

だから環境を破壊する

 

ほんとうに世の中が明るい未来にゆくためには今のままの人間ではいけない

人間が人間でなくなるほどの変化が必要だ

 

それは "我" に執着しない人間

意識" に執着しない人間

 に変わること

 

だけど、、、そんな変化できるはずがない

そう思って諦めてきた

 

しかーし!

私は出会った!

理想の人間に!

一切の執着のない人間に!

 

しかも、明々白々に何が問題なのかさらに詳細に教えてくれ、かつ、それを乗り越える方法も教えてくれた

 

今は観点を変化させる必要があるのだ!

 

やはり表面的な変化を考えるのではなく、人間の観点の変化が必要だ!