読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙水準点

若者を熱くさせる新経済と新教育について気づいたこと感じたことを綴っていきます

AIの危機

近年、AIが登場して人間の仕事を奪っていくというようなことがよく言われてます

それと同時に人間の尊厳の危機ということも言われてますね

 

そういうのって言われてはいるけど、ピンとこないっていう人が少なくないのではないでしょうか

思考レベルではわかるけど、なかなか感情レベルで切迫感はないとか

今日はそれがどういうことなのか、ちょっと掘り下げてみたいと思います

 

まず仕事を奪われることについては、その仕事に目的やプロセスを明確に持っていればその危機は実感しやすいと思う

目的はたとえばお金のためとか生活のためとか、一方プロセスはその仕事に対するプライドなど

 

仕事がAIに代行されるとなると、お金は入らなくなるし、生活も厳しくなる

それにプライド、たとえば漁師が天気や魚の群れを予測して大漁を狙う時にAIがあればそれのいうことを聞いてただ実行するだけでよくなる

だから誰でもできてしまうのでプライド、尊厳を破壊されることにつながりやすいと思う

 

こんなふうに仕事に対する思いが強ければ強いほどAI登場の影響は受けやすいのではないか

 

今はまだ私たちの生活にAIが浸透してきてる感じはしないので実感を持ちにくいのは当然かもしれないけど、なにかが普及するときってだいたいは指数関数的に伸びて行ゆくもの

ある境まではそんなに流行ってなかったのに、そのある時を境に一気に爆発的に広まってゆく、そんな伸び方

で、この2017年がまさにその境

 

だから今あまり生活の中で見られないのは当然だし、それと同じ分だけこの先津波のようにAIが導入されてゆくのも当然になると思う

 

今はピンとこないという分だけ危機だということ

 

私たち人間はAIとどう向き合うのか

それに対処できる人だけが生き残っていく