宇宙水準点

若者を熱くさせる新経済と新教育について気づいたこと感じたことを綴っていきます

シェアリングエコノミー普及に必要なこと

最近シェアリングエコノミーについて勉強しました

 

モノだけにとどまらず空間、乗り物、技術やお金まで貸し借りしながら経済を回してゆくというモデル

ネットやスマホが普及しているので今までの手法と比べて容易に利用しやすいし、安価であり無駄も少なくなる

人と人の垣根も低くなるし地域活性化にもつながる、今の時代に即したビジネスモデルだなと思います

 

こういうのも含めてこのところどんどんと境界線が曖昧になっていってる感じがするんですが、どうでしょうか

 

たとえばオープンガバメントもそう

ネット上で情報を公開したり、一般人が省庁の開く場に参加して積極的に意見交換したり

 

インターネットというものが普及して時空間を超えて不特定多数の人と繋がれるようになったことがその理由の1つでしょう

とっても便利になってきましたね

 

ただし、副作用じゃないけど、便利になる一方で懸念事項もあります

 

なにかというと、人間の倫理道徳が問われるということ

初めて会うもの同士がものの貸し借りをしたり、意見交換したりするので、こういった不特定多数の人々がいつでもどこでも触れ合える場で安心して活動するには無条件信頼しあえる前提が必要だと思うのです

 

戦後アメリカの政策により、何百年もかけて育まれてきた日本の精神性や共同体意識が破壊、分離断絶され不信のはびこる時代になっています

そんな中人との繋がりはなによりも大切なのは当然

でもその反面、人間性を上昇させる課題は急務ではないでしょうか

 

それがないままではよいものも私たち人間自らブレーキをかけてしまいかねません