読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙水準点

若者を熱くさせる新経済と新教育について気づいたこと感じたことを綴っていきます

自分にとって認識技術がなにか腑に落ちること

認識技術、観術がなにかと聞かれてすぐに答えられますか?

 

これね、結構簡単ではないんです😋

なんでって目に見えるもので言われたことを覚えて答えたらそれでいいってわけにはいかないから

 

今までの時代は身の回りの開発をしてきたので、ある商品の用途機能目的はある程度明白だったと思います

だけと、認識技術は人間の意識空間を開発していくもの

だからあなたがどう使うかでそれがなんなのか決定します

もっといえばあなたの判断基準が認識技術がなんなのかを決定するわけです

 

そしてさらに判断基準はみなバラバラでかつ固定されているので、認識技術をどう観るのかはみんなバラバラで1人として同じ人はいないし、それ以外のみかたが簡単ではありません

 

だから教えられたことをそのまま話すことはできても完全に自分のものとして発信するときにはどうしても偏りが出てきてしまいます

まあそれがダメなわけではないんですけどね

 

じゃあその偏りをなくしていくためには何が必要なのでしょうか

 

究極の1️⃣まで解けてしまえば全てに対する確信がきますが、そうでなくとも観術の世界は全てが繋がっているので、1つ確信がくるものがあればそこから追求していくことで芋づる式に確信を深めていくことができます

 

だから一点の確信をどこで獲得できるか、それがとても大切です