読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙水準点

若者を熱くさせる新経済と新教育について気づいたこと感じたことを綴っていきます

クールジャパンはなぜおこるのか

クールジャパンって言葉がありますけど、なぜそれが世界的に評価を得られるのでしょう

 

特にアニメは世界で受けがいいですね

 

私が思うに、日本人の創ったものは日本人の精神が見えないところで生きているからではないでしょうか

 

わかりやすいのはチームプレー

海外物と見比べると主人公と仲間たちのチームプレーが多く見られると思います

しかもヒーロー的存在がいてそのフォローがいてというよりは、みんなが対等で役割分担してって感じでみんながある意味尊厳を維持している

 

なんかね、こう考えると第二次世界大戦の時とオーバーラップするなって思うんです

天皇がいて国民がいて、確かに天皇は神に等しき存在の王様ではありましたが、その天皇は国民を支配する訳ではなかった

気を配り思いやりをもち大切にされていたはず

逆に国民一人一人も天皇を中心に団結し、いろんな役割分担こそあれど互いに人として対等に敬意を払っていたと思う

 

アニメの中に天皇的存在が描写されてた訳ではないけど、役割分担で人として対等に敬意をもってというところは結構生きているのではないかと思うわけです

 

じゃあなんでそういうチームプレーが世界的に受けるのか

 

それは単純明快、世界中は無意識は互いに敬意をもってチームプレーしたいからじゃないでしょうか

 

だからそこへ向かうように徐々にその傾向が生まれていく

クールジャパンはそれをつくっていくなかの1つなのかもしれません

 

それでその最後は誰もが理解できる論理とイメージでそのチームプレーをさらに次元上昇したものにするために認識技術が歴史の舞台に登場する

きっと日本はその仕事をするために準備された国だからクールジャパンもおこるのだろう