宇宙水準点

若者を熱くさせる新経済と新教育について気づいたこと感じたことを綴っていきます

次世代の日本を担うリーダーシップ

よく次世代を担うリーダーシップっていうけれど、そもそもリーダーシップとはなんなんでしょうか

 

いろいろな観方はあると思うけど、観術ではそれは独立した意思決定再構築で牽引できることっていっています

 

そしてそのために、今の時代、今の自分をどう規定するかがすごく大切になります

 

まず今の時代をどうみるかですが

時代といったとき宇宙の始まりからみると137億年の歴史があります

人類の始まりからだけみても500万年

それで、歴史をみたとき集団の相互作用で今まできていますね

じゃあその集団がどうやって秩序を作ってきたかというと、大昔は神様基準で王様の判断基準が絶対、そのあとはお金で秩序立ててきました

だけどそれ、力で押さえつけているだけで実は根本の観点の問題は解決していません

 

現実に当てはめるなら今の日本がわかりやすい

明治維新以降アジアの近代化を目指していた中でせざるを得なかった太平洋戦争

アジアの植民地化を企む西洋と激戦を繰り返したのち敗北、悪者にされ悔し涙を飲んだ

敗戦後も日本人の精神を潰す教育に日本のモノづくりを潰すお金融経済で徹底的にやられている状態

 

この日本を代表とした世界の現在地を観術では歴史文明のカオスといい、観点の問題を発端としています

 

では次、自分をどうみるか

それは他者を明確にすることから始まる

分かり合えると思うのはナンセンス、自分とは全く違う存在であることをしっかり認識すること

そのように境界線があるのであれば出会えば戦争です

みえないけれど、一人一人が互いに戦争状態、心の血を流しながら常に要求しているのが今の人間だとNohJesuはいいます

 

自分をどうみるかは集団に対して個人のレベルですが、先ほどのこの時代をどうみるかのところと同じように個人のレベルでも観点の問題が働いています

 

なのでこの観点の問題をどう解決していくかがリーダーシップの鍵になってきます

そしてその鍵となるのが歴史文明のカオスに対しての宇宙自然のカオスです

 

宇宙自然のカオスは宇宙森羅万象を創造する1つの動きそのもの意志そのものです

1つというくらいだから境界線はゼロの世界

出会いなければショックなし、自分がどういう状態かも知ることができない世界です

この状態をイメージしてみてください

存在したくても存在できない状態がずっと続きます

 

境界線があるから問題になる世界と境界線がないから問題になる世界が融合すること

これをできることが独立した意思決定を可能にしこれからの時代を引っ張っていくリーダーシップを発揮する条件になるのです