読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙水準点

若者を熱くさせる新経済と新教育について気づいたこと感じたことを綴っていきます

リーダーシップの条件

リーダーシップがリーダーシップであるためになにが必要か

 

最近リーダーシップが自分の中のブームなので前回に引き続きちょちょいと書いてみようと思います

 

はい、リーダーシップがリーダーシップであるために、なにが必要ですかね?

 

しっかりしてること?

それとも人望?

はたまたマネジメント能力?

 

どれも必要そうって思った人、あなたは時代遅れです😳

なんちって🤗

 

でも嘘ではありません、今からの時代、別にそれらは大して必要ありません

その代わり全く違うものが絶対必要になるんです

 

そしてそれは"独立した意思決定"

 

意思決定ってよく使いますけど、簡単に言えばいつもいつも使ってる判断のこと

 

お昼ごはんになに食べるとか

休みの日にどこに遊びにいくとか

仕事をどう終わらせるとか

 

そんな判断

 

この意思決定が実は今までのやり方だとリーダーシップをとることができず問題なわけです

 

その今までのやり方がどんなやり方か一言で言えば

"周りをみて決める"

です

みんな人の目を気にして周りに合わせて決める

特に日本人はね

たまに起業とかして自分でやってるって人がいますけど、そのような方も例外ではありません

だって観点につかまれているままでは正しい判断ができないから

自分と自分の宇宙が存在しないこと、これを明確に認識しない限り問題ある意思決定から抜け出ることは不可能なのです

 

ちょいと難しい言葉を使ったら

"伝統習慣の権威からエネルギーを獲得"

といったところ

既存の集団や個人に合わせるレベルです

まあね、伝統習慣にならえした方が便利だし楽だから仕方ないんですけどね
でもそれじゃあリーダーシップなんてとれないし、そもそも必要なくなってしまう
みんなで同じことやってればいいから

 

自分は自分で判断してるっていう方いるかもしれませんが、じゃあその判断に使っている材料はなんでしょうか

たとえばITでベンチャー企業を立ち上げて経営しているといったとき、ITとはなにかを明確に定義できているのか

世間ではInformationTechnologyと呼ばれていますが、ではInformationの本質とはなにか

これに答えられないレベルではみんながやっているからやっている、そんなレベルと変わりません

 

ちなみに観術からみたらInformationとは例えば"存在そのもの"とかって定義できます

こんな風に今の人間の現在地からは想像もできないような境地から現実を観れるのか

そういった観方が"独立した意思決定"に必要になってきます

このような観方ができたときに他者とは違う道を切り開いていくことができるのです

 

だからリーダーシップがリーダーシップになるためにも"独立した意思決定"が必要なんです

誰もやったことない道を開拓していくからこそリーダーシップと呼べるわけです

 

じゃあその"独立した意思決定"をするためにはどうしたらいいのでしょう

 

いろんな言い方がありますけど、まず自分と自分の宇宙が消えないとムリですね

基準点革命ともいいますが、宇宙の外に出て初めて独立した意思決定が可能になります

今までの意思決定の基準を完全に0化して、結びたい基準を再構築する

そうすることで誰も歩んだことのない道をリードしていけるのです