宇宙水準点

若者を熱くさせる新経済と新教育について気づいたこと感じたことを綴っていきます

現実世界において唯一意味あることとは

はい、今日も少々スパイスの効いた辛口ブログです笑

 

タイトルからして現実の中のただ一つを除いては全て意味はないということになっちゃうけど、まあその通り

 

まあね、見る観点によっては意味あるという見方もあるけどそれも視点の広さによる

 

たとえば『この人生』といった視点で見た時

人生よくしたいといったときに思った通りの資格を取れたとか、できなかったことができるようになったとかそういう変化は意味あるといえる

 

でもその前提の『この人生』というくくりでみることに、どれだけの意味があるだろうか

 

それでさらに、そういう表面的なことではなく無意識の観点が原因で起こってしまういつものパターン、たとえば周りから否定的な反応がいつもくるとか、頑張ろうと思ってやってみるけど気持ちがどうにもいうこときかないとか、そういうのはなんとかしようって頑張ってもムダ!

意識的な努力でなんとかなるものではないから

 

なんとかしようとしている自分に満足したり、とにかく頑張るパターンをもっていてやり続けるならいいけどそれも結局自分のパターンの中

だからなにも解決していない

 

おまけにそのパターン、1年後、10年後は当たり前、来世、再来世もずーっとやり続ける

一生どころの話ではない

 

だから頑張ることを通して獲得するべきことは

よくなったり変化したりすることではなく、宇宙を消すことが唯一意味あることだと気づくこと

よくなるとか変化とかはその結果ついてくるおまけみたいなものだから

 

未来永劫、あなたが本来のあなたであるために