宇宙水準点

若者を熱くさせる新経済と新教育について気づいたこと感じたことを綴っていきます

語ります!絶望を♬

久しぶりに書きます

最近ちょっと別のことに集中してたので...

あ、別のことに集中といってももちろん革命活動ですよ😊

 

何かって?

 

それは内緒♬

こっそり蓄積してるのです😙

その時が来たらアウトプットしますよん!

 

はい、今日も書きます

自称絶望を語るブログ🤗

 f:id:hyperconnection2012:20180105205323j:image

毎度のことだけれど、なぜ絶望を語るのか

それは希望にいくため

感じた絶望の分だけ希望にいけるから

小さい絶望には小さい希望

大きな絶望には大きな希望

絶望の深さに似合った希望がくるのは当たり前ですね

 

だから語ります、絶望を

希望にいくために

 

まず人間は死ぬのがいいですね

死ぬといっても今までのイメージの体の死ではありません

違った言葉で言うならあなたが消え失せること

消え失せて別人として生まれ変わること

 

具体的に進めるためにここからはイメージを使いたいと思います

 

イメージしてください

あなたが一番大切なもの

これだけは何があっても譲れないもの

 

ルームメイトは声って言ってましたね

役者さんだからこれがなくなったら死ぬってね

 

 

はい、イメージできましたか?

 

じゃあそのあなたにとって最も大切なものだけど、それ、完全に失います

完全に失って未来永劫2度と戻ってはきません

願っても、嘆いても、叫んでも戻ってきません

 

どうですか?

苦しいでしょ

苦しくて、悲しくて、辛くて、嘆きたい

そんな気持ちでしょう

 

でもそんな気持ちのあなたに消え失せることを要求する、言葉を変えれば死ねと強要する

泣きっ面に蜂なんて言葉がありますがそんなレベルじゃないどうしようもない境地 

 

そこで消えて死ぬことができた人間は希望にいくのです

これが一般的にいう判断基準を手放すということ

 

だからね、はっきりいうけど変化=判断基準を手放すのって簡単なことじゃない

中途半端な苦しみだったら無理だから

自分が変わるしかないどうにもならない苦しみが必要なんです

それで極限の絶望を通過して初めてその絶望に見合った変化と希望があるんです

 

 

それともうひとつ

 

努力とはなにか

前にも触れましたけど、観点に掴まれていては努力は努力じゃありませんね

 

今から書くのはひとつの動き、神秘神聖、希望があることが大前提です

じゃないと厳しすぎることかもしれないので

 

脳の観点から見たら努力は素晴らしいです、もちろん

努力するから結果がついてくるし、私も頑張ってる人はとっても応援したい

 

だけどひとつの動きからみたら努力は努力しているようにみえる観点の結果としての行為だから、あなた1ミリも努力してませんよ、の世界

苦労して頑張って結果を出しても、あなたの観点がその観点だから自然とそういう結果になってるだけ

 

だからいくらすごい結果を残した人でも努力なんてしていない

自らに働く不可抗力に気づかずただただ盲目的にやってその結果になっているだけ

 

逆もまたしかり
努力せず失敗してもそれもその観点の結果だから自然なこと

 

だから観点に掴まれていたら努力なんて概念は存在しない

操り人形だから

見えない道に支配されて動いているだけだから

あなたの一挙手一投足一言一句、すべて気づかないところで操作れているのだから

人間が悲惨残酷屈辱という所以だ

 

それでも強いて努力を定義するなら新しい道を切り開いて歩むことだと思う

それも行動レベルでは浅すぎてあまり役に立たないので感情レベルで

要は今すぐ歓喜で涙を流すほどの気持ちになるとか、この瞬間腹わた煮え繰り返るほどの怒りの気持ちになるとかそれができるようになること

それができるためには無意識の観点が変化しないと難しいかなって思うから、自由自在に観点を解いて結んでできるようになること

それが努力ではないかなと思う

 

はい、そんなことだから人間は努力も頑張ることもしてません

 

既に作られた道が車の行き先を決めるとか現実は映画とかいうけれどまさにそう

まっすぐ行きたいって思っても道が曲がってたら曲がらざるを得ない、あなたの意思なんて関係ない

映画もそう

君◯名はで三葉が独立して瀧くんを途中で嫌いになろうとしても、映画の結末は変わらない

三葉の私的な意思なんて関係なく映画は進む

 

人間は生まれた瞬間からレールの上を走る電車と同じ

本人の意思と関係なく決められたレールの上しか走れない

 

だから努力もなければ怠惰もない

 

現実を否定するっていうけどほんとにそう

現実はほんとに映画の世界

観点に掴まれていては最初から最後までセリフと行動が確定している

周囲とどう相互作用するかも決まっている

あなたが独立して行動することはない

 

この残酷な状態をわかること

そんな人間の屈辱をわかること

それがわかれば宇宙が消える必要性が理解できるし、宇宙が消えることがどれだけ希望なのかもわかるはず