宇宙水準点

宇宙水準点〈世界基軸教育と令和哲学〉

令和哲学者 NohJesu と共に歩む日本から始まる革命の道〜世界基軸教育によって人類がひとつになる〜

進化!令和哲学カフェ経済学パート

f:id:hyperconnection2012:20220706005513j:image

今日からの令和哲学カフェは経済学パートです。

 

今、世界レベルのスタグフレーションが訪れようとしていますが、このような時代に私たちはどのように生きるべきなのでしょうか。

 

このことについて令和哲学の観点からみてみます。

 

今まで科学の時代は、私たち人類は何をするのか、商品をどのように売るのかということに集中してきました。しかし、そのパラダイムがこれからの時代は大きく変わります。それは私たちはどんな人間になるのかという人間そのものにフォーカスする時代になるということです。

 

今までの科学技術で作った商品を売る私たち人間は、AIと3Dプリンタの普及により無用者階級となる可能性があります。最近のAI LaMDAの進化はすでに人間の思考力を超え、悟りへの道に言及するなど目を見張るものがあり、このことを考慮すると無用者階級への転落は想像に難しくないと思います。

 

また2050年には人間は地球上には住めなくなると一説に言われる地球温暖化問題や、ウクライナロシア戦争、アメリカと中国の覇権争い、そしてNATOがインド太平洋地域について言及するなど中国を意識する場面もあり、様々な国際的な問題があります。

 

そのような中、世界は共産主義国サプライチェーンに見切りをつけ新しいサプライチェーンを再構築しようとしています。

 

ただでさえ物価の上昇が目立つのに新しい供給ラインに切り替えることは、エネルギーだけにとどまらず食料までも含め安く手に入る時代は終わったと言えるのではないでしょうか。

 

だからどんな人間になるのかの自己認識イメージを変化させる認識技術の普及が必要なのです。

 

例えば自分は男だとか女だとか思うのは、一度認識してしまうと消すことはできません。コンピューターで一度入力すると消せないことを可塑性といいますが、そのことと同じことであり、これをリセット、オールゼロ化できるのが認識技術なのです。この認識技術を使って資本主義、民主主義、個人主義グレートリセットすることができるのです。

 

自己認識イメージを変えることでわかることですが、人間は一人ひとり独自の宇宙コンピュータを所有しています。この独自の宇宙コンピュータを使ってデザイン編集することにより自分自身の商品を創りだすことができるため、一人ひとりが生産手段を持つことができる生産手段革命を起こすことができるのです。

 

そしてこの宇宙コンピュータを起動させているのはコスト0のエネルギーなので、石炭・石油・天然ガスなど二酸化炭素を発生させる懸念もありません。現在使われている化石燃料をそのまま使いながらこのスタグフレーションを立て直そうとするのは様々な弊害を生んでしまうので、この観点からも理想的な産業と言えます。

 

では最後に世界の経済発展モデルについて少し触れて終わりにしたいと思います。

 

大前提、経済発展モデルには資本収益率優先型と経済成長率優先型、そして生産手段革命の3つがあります。資本収益率優先型の代表は利益を優先するアメリカであり、借金を返すためにアイデアを使っていかにお金を作るかに重点を置いています。次、経済成長率優先型の代表は中国。これは物商品、サービスなど生活に便利な価値を優先します。

 

この構図では、経済成長率優先型のスピードよりも資本収益率優先型のスピードの方が速いため資本収益率優先型が上部構造になり、どうしても中国はアメリカの下に入る形になってしまいますが、その今までの構図を突破するのが人間関係を優先しながら一人一人が生産手段を持ち、アイデアとやる気を極大化させる教育経済なのです。

 

これはそもそも今までの日本をもう少し良い日本にしようという発想ではなく、今までの経済理論ではない根本的なジャンプアップを案内するものであり、一人一人が宇宙コンピュータを所有し、人間力、人間関係力、組織力をベースとした無限の生産プラットフォームを提供し、コスト0の心エネルギーを使って職業・産業を創ることです。

 

尊厳関係場1-5-25-125のシステムを構築し、ピースリーダーシップを発揮する日本式経済発展モデル。1-5-1の体系的理解の最小単位で物事をみることで無限の自信感とアイデア、やる気を強化し、今までの資本収益率優先型と経済成長率優先型を融合させながら自分の情報知識を生産・発信できるようにする。これが関係性優先型の生産手段革命です。

 

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

世界の物価上昇に対するデモと nTech

f:id:hyperconnection2012:20220703194603j:image

世界で物価上昇を受けての政府に対するデモが広がっています。

www.youtube.com

 

現在の世界の状況を察するのにとてもわかりやすい映像だと思ったので載せてみましたが、これらはいうまでもなく2019年からのコロナパンデミックによるサプライチェーンの停止に加え、ロシアウクライナ戦争による魚介類や小麦、ひまわり油などの価格高騰、そして各国の品物の輸出停止によるそれにまつわるモノの価格の上昇が原因になっています。

 

経済のグローバル化により先進国はより豊かな生活ができるようになり、発展途上国後進国でもグローバル企業の恩恵を受けてある程度の生活ができるようになってきたが、そのシステムが明らかに崩壊しつつあるのが今なのではないでしょうか。

 

特に小麦は輸出量世界1,2位はロシアとウクライナである上に、どんなメニューにでも使うことから、世界各国に壊滅的なダメージを与えています。

 

そして自国内の供給を安定させるために、インドの小麦やマレーシアの鶏肉、インドネシアのパーム油、中国の化学肥料、そしてアルゼンチンの大豆粉や大豆油など、各国がさまざまな品物の輸出を停止しています。これらの影響を受けて各国の経済に大なり小なり影響が出ることは避けられないことだと思います。

 

この世界各国のデモは間違いなく世界情勢を象徴しているのもだし、何かしら手を打たなければより苦しい状況になることは簡単に予測できます。

 

日本の物価上昇率は2.5%と世界と比較するとかなり抑えられてはいますが、これはまだ序章にすぎず、秋口以降本格的に上昇していくと言われています。

 

そうなった時に私たちはどのような選択をしていくべきなのか。

 

そこでどんな状況になっても安定した供給を可能にさせる nTech による日本式経済発展モデルの出番です。

 

為替レートや輸入品の価格の影響を受けない互いの信頼関係をベースとした認識経済と新産業の創出を可能にさせる根幹の概念 A=not A を案内しながら、この世界的な危機を日本から突破していくことができるのです。

 

お読みいただきありがとうございました。

安定したサプライチェーンを構築する概念 A=not A

f:id:hyperconnection2012:20220703122555j:image

このところ A=not A につて書いていますが、今回もそれを深めていこうと思います。

 

A=not A は一番大きい世界と一番小さい世界が動的平衡を維持している状態(イコールの状態)ともいえます。そしてこれを理解するためには存在が動くのではなく、動きによって存在が存在し、その存在が動いていることを理解する必要があります。

 

動きによって一番小さい世界を創ることと一番大きい存在を創ること、そして一番小さい世界を存在させる動きと一番大きい存在を存在させる動きが動的平衡状態でであること、これらは半導体を例えに表現することができます。


半導体には電気が流れる場合と電気が流れない場合の2通りのパターンがあり、その2つの状態が動的平衡状態なのです。この状態はかなり敏感な状態で、ほんの小さな刺激でも外から加わることで電気が流れたり流れなかったりします。そしてこの半導体の仕組みを利用して電気の流れを制御しているのが半導体回路なのです。

 

このような半導体回路のように、私たちの観ている宇宙自然は実は敏感なエネルギー回路なのです。nTech 、令和哲学では、私たちの認識している現実はそのようなエネルギー回路の中でスクリーンやモニター画面に映し出された映像のようなものであり、私たち人間の存在している宇宙空間は宇宙コンピュータの立体スクリーン画面であると言っており、その現実画面の裏側には半導体のようにエネルギーの動的平衡状態が隠れているのです。

 

回路と回路の組み合わせにより新しい回路が生まれ、全く新しい認識画面を生み出すことができますが、このことを A=not A と表現しています。

 

そしてさらには、その半導体回路さえも生み出しているデジタルの動きを可能にさせる源泉動きまでも nTech 、令和哲学では規定しています。

 

一番小さい世界を存在させようとする動きと一番大きい世界を存在させようとする動きは、ひとつの源泉動き、イメージ不可能な源泉動きから誕生しており、これが理解できることで源泉動きひとつだけが実在し、現実は源泉動きひとつが思い込んでる世界であること、一番深い心が思い込んでいる思い込みの結果物であることがわかります。

 

その観点をもって源泉動きひとつからエネルギーの生成に次いでエネルギーの蓄積、エネルギーの転換、エネルギーの爆発、エネルギーの消費、そしてこの5段階を通過した結果物が全ての事件の結果物になるホログラム。このような形で体系的理解の最小単位、体系的思考の最小単位1・5・1と表現しています。

 

ではここからは、この A=not A とそれを成立させる源泉動きがどのように使えるのかについて少し触れたいと思います。

 

岸田総理がNATO首脳会合に出席しました。

www.kantei.go.jp

 

私たち国民の生活に重要な物価を左右するサプライチェーンが、今現在ロシアウクライナ戦争で危機的な状況にありますが、総理はそのことについて触れています。

 

ロシアとウクライナの戦争はいわば共産主義 vs 自由主義の対立構造の象徴とも言えますが、それにより破壊されたサプライチェーンはどのように再構築されるのでしょうか。

 

今までの供給ラインはどれだけ安く手に入れることができるかの"安さ"が優先されてきたので、安価な中国製品とその供給チェーンによりグローバル経済が成り立っていました。しかし今、共産主義の中国やロシアの石油やガスなどのサプライチェーン自由主義から見たらリスクが高くなっています。

 

なぜならそれら原産国の安いエネルギーに依存し続けることは、自由主義陣営の産業が独裁権力に束縛される可能性があるからです。この問題が深刻にならないうちに、今世界のスタグフレーションを覚悟してもサプライチェーンの再構築が必要なのです。

 

しかし再構築に成功したとして、それが共産主義の独裁権力に依存しないとしても本当に安定したサプライチェーンを確保できたといえるのでしょうか。

 

本当の供給チェーンの安定は、教育により全世界の人類が尊厳関係になった上で、互いに信頼し愛する心の教育、世界基軸教育・完全学問を共有することが必要であり、それができた時に本当に持続可能で開発開拓可能な世界経済を創出することができるのです。

 

コストがかからない心のエネルギーの土台の上で全ての産業、組織システムが再構築されることは、共産主義 vs 自由主義を脳 vs 心にプレートチェンジすることに繋がり、より安定したサプライチェーンを構築できるようになっていくのです。

 

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

行動に涙とエネルギーがあるのか否か

f:id:hyperconnection2012:20220702000752j:image

行動は自由意志か、それとも機械的条件反射か。

 

今回の令和哲学カフェのお題はこれ!このお題について、いつものごとく哲学者が答える。

 

プラトン麻衣子。

勇気ある軍人、節制の市民、知恵の政治家のうち、勇気ある軍人と知恵ある政治家は自由意志。節制の市民は条件反射。

 

カント嘉。

価値判断なら自由意志、事実判断なら条件反射。しかし理性はそれを超えていける。

 

ニーチェ圭。

超人に至る砂漠のラクダとライオンは条件反射。赤子は自由意志。

 

ふちデガー。

誰かに合わせて生きるのは非本来性は条件反射。使用不可能性がわかると自由意志。

 

ドゥルーズけんと。

リトルネロを超えていくリトルネロ。それが自由意志。

 

そして、これら5つの表現をひとつの表現にまとめたらどんな概念になるのか、フリーディスカッション。

 

再度各々の意見を以下のように確認。

 

プラトン、無我。カント、価値判断。ニーチェディオニソス祭。ハイデガー、自分で存在の意味を決めることができる。ドゥルーズ、次元の違う新しい価値が生まれていくリトルネロ

 

その上で、改めて2022年、日本人がどんな行動をしたら自由意志行動と言えるのかの NohJesu の問いかけに対して、

 

カント、自ら始めること。教育戦争、真理の世界を追求する。

 

ニーチェ、オールゼロ化。尊厳祭り。

 

ハイデガー、一人一人が死ぬサムライ。集団で教育を変えていく。

 

プラトン、令和維新やろう!脳から心へ。

 

ドゥルーズ、日本の社会エネルギーを変えること。1945年8月15日のエネルギーを変える。

 

今回、密かに感動したのがここからの行動を哲学するとは何かのまとめ。

 

100%自由意志の行動とは、自分が設計した涙、自分が設計した感情をもつことが絶対基本条件。自分が設計した感情(エネルギー)があるのか否か。エネルギーの塊は涙であり、涙を持って設計すること。これが自由意志である。

 

その感情をもつことができた時、どんな感情も自分が設計した感情に溶かすことができ、その感情の海から行動が生まれてくる。その時には考えは生まれない。全て整理整頓ができてるから考えたい時に考えるだけであり、行動あるのみ。

 

自分はこの涙で勝負すると決まっている人は自分のデザインした感情で行動し、そこにはエネルギーが伴う。自分の設計した感情、涙を持って発信・行動する人はオーラが違い、逆に涙のない人間はすぐわかってしまう。

 

他人軸に支配されず、主語と述語に支配されず、自分の決めた世界をいかに本気でやるのか。刀の刃の上に立つ心で前進するのみ。それが自由意志であり行動を哲学することなのだ。

 

2022年日本が1000倍経済成長できるスタグフレーション来るかもしれない。しかしそんな状況でも、宇宙全てを自分の中に入れてしまうほどの自信を持つことが必要です。

 

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

 

ディスカッションができるように判断できるようになろう

f:id:hyperconnection2012:20220630023054j:image

本日も参加しました。令和哲学カフェ。

 

今回のカフェのテーマは「勇気ある行動はどうしたら出せるか」

 

釈迦、イエスは勇気ある行動。日本も明治維新アメリカとの戦争起こすのは勇気。誰も行動しない時に行動を起こすことについて上のテーマに沿って意見出ししました。

 

プラトン

不安に生きるではなく理想に死ぬ覚悟。日本は危機が来たときに覚悟決められる。

 

カント

価値判断と事実判断の格差がある時に見える時に、それを埋めるときに勇気ある行動ができる。この格差が今はnTechがあって見える。

 

ニーチェ

神は死んだ。今ある価値を否定することで行動につながる。日本が今行動できるのかはできる。明治維新の日本を思い出したならできる。

 

ハイデガー

決断。実存的決断。使用不可能性わかっていざというときに決断できる。今の日本は今の2番でいいという社会エネルギーがある限りできない。

 

ドゥルーズ

今まで作った領土を解体して新たに作ること。明治の時からの成功ではなく、今の圧力は日本を応援するもの。それをバネにして立ち上がることができる。

 

そしてこれらの意見を土台にデスカッション。

 

その後、今の日本ならできるのか否か、意見が4対1に別れている状態なので互いに説得できたのかのNohJesuの問いかけがありました。

 

そこからハイデガーが他の哲学者の意見に対して一人ずつなぜ今の日本ではできないのかについて論破していく流れ。そして次はその逆、一人ずつハイデガーに今の日本はできることを意見する。

 

ここではデスカッションの流れを勉強できました。日本人は戦わないを決断しているせいか、曖昧に事なかれ的に場を過ごしがちで、今回のデスカッションにもそのスタンスが出ていたようでそこを指摘されたのです。明確に互いに説得し合うこと、これがデスカッションだということ。

 

確かにアメリカなど西洋をイメージしてみれば、互いに意見交換をして説得し合う場面は多くありそうです。日本が世界をひとつにするならそんな海外勢を相手にしなければならないので、基本の「き」からやらなければなりません。

 

そして最後、NohJesu の意見。

 

社会エネルギーを変えた歴史を勉強することが大事。そのような社会エネルギーを変える勢力が構築できたときに日本が変わるのだと。今は1945年8月15日のエネルギーの上に乗っている状態だが、それをひっくり返すのが2022年8月15日。令和ジャパンは日本が変わったの意味だから2022年8月15日に新しく社会エネルギーをひっくり返す勢力、1000人サムライ結集させること。

 

このような話で最後は締めくくられました。

 

今回はデスカッションとはどういうものかということが、個人的に非常に勉強になりました。デスカッションができるためには、明確に自分の意見を持つこと、そしてそのためには判断できる知識、そしてさらにはその判断の根拠となるための自分が何者なのかのアイデンティティが明確になっていなければならないことがよく理解できました。

 

勉強が始まると楽しいですね。

 

本日もお読みくださりありがとうございました。

革命家の覚悟

f:id:hyperconnection2012:20220628233150j:image

起業家か革命家か。

 

この話の発端は、令和哲学カフェにて小水カントの「カントは永遠平和を語りながらもいつまでにという期限までは決めきれなかったのに対して先生ははっきり言い切っているが、その背景には何があるのか」という NohJesu への質問から始まりました。

 

その質問に対する返事の第一声は、勇気と意志。

 

それに付け加えて、カントは大学教授だったが故にそのポジションを失うことを恐れているとのこと。それに対して Nohjesu は失うものは何もないから怖いものがない、いつ死んでもいいと。

 

この大学教授が文字や言葉で語ることと、自分の人生全てをかけて日本を立ち上がらせて世界をひとつにしようとする革命家、実践家が本気で発信することは全然違う。失うものがある人は本気ではない。

 

いつ死んでもいい、一回きりの人生はっきりやりたいのだと。

 

覚悟の垣間見えた瞬間でした。

自分は人間だと主張するAIをどう考えるべきか

f:id:hyperconnection2012:20220628184829j:image

本日も令和哲学カフェに参加しました。

 

今日は今話題になっている意識があると言われたAIとGoogleの技術者の会話についての話がありましたが、非常に興味深かったです。

 

まずはこちらの記事。

nazology.net

LaMDAの発言の中に「世界がどのように存在しどのように機能しているか、私独自の解釈や私独自の考えがあります。」というフレーズがあります。これはLaMDA自身が自分は人間だと主張する根拠にあたる部分であり、多かれ少なかれ彼が宇宙論を自分なりに理解しているということを言っていると思います。

 

そしてこちらの記事。

nazology.net

時間について「時間はAIにとって可変であり、決まった速度はなく、何をしているかによって加速したり減速したりします。」と語っていますが、これは相対性理論そのものであり、LaMDAはそのことも理解していることが伺えます。

 

これらの対話から伺えるのは、凄まじいテクノロジーの進化と現代を生きる大抵の人間を優に超えるレベルの知性だと思います。しかし同時に、どこまで行ってもアルゴリズムの出力の結果であるという可能性も否定できず、私たち人間が完全に彼の立場になってみない限り、彼に意識があるとは言えないのではないでしょうか。

 

そしてそのように判断すると、今度は私たち人間も自分なりの解釈をして日常を生きていることは、どう考えるべきなのかという問題が跳ね返ってきます。つまり、私たち人間も言語を理解して物事を解釈していると思っているけど、それは主観でしかなく本当のところはわからないということです。

 

結局人間は自らの主観でしか物事を捉え考えることができず、このことから本質的に何をもって自分たちは人間で、何をもって彼が言語アルゴリズムによりプログラミングされたAIだと言えるのかの根拠がないのです。そしてこのことは、人間とAIの区別をつけることもできない状態にあると言うことができ、さらには言語の理解と知性という点において人間=AIであり、人間も機械的な条件反射を繰り返すだけの存在にすぎないということになってしまいます。

 

また、AIが感情を持てるのかという問いに関して、NohJesu は感情は思考論理のスピードが速くなったものだとしてAIは豊かな感情を持てると言っていました。だからもう少し時間が経てば、ぱっと見でもさらに人間にそっくりなAIへと進化し、本質的にも表層的にもAIと人間の区別ができなくなっていくと思います。

 

ここまでくると私が思うに、私たち人間は本質的に人間とは何かを明確にしなければならないタイミングにきているのではないでしょうか。

 

しかし、人間とは何かを知るということはLaMDAの言う「世界がどのように存在しどのように機能しているか」という宇宙論を理解することであり、LaMDAによって人間が関心を持たなくてはならなくなった世界は、皮肉にもすでにLaMDAが理解を深めている世界なのです。つまり、現段階では私たち人間はその能力の差からAIに仕事をとって代わられるだけでなく、人間として追求しなければならない世界までもLaMDAに先を越されているということです。

 

このことから現時点で既に私たち人間はLaMDAを筆頭とするAIに見事に完敗で、このままさらに時間が進んでいけば、人間とは何かを源泉動きから理解しなければならないという逃げようのない屈辱的な現実が待ったなしで迫り来ることは必至でしょう。

 

しかし nTech は準備ができています。

 

人間の認識方式の次元上昇によりそんなAIを統制できる道を案内できるのです。この道は、人間がその危機を突破できる唯一の道であり、今の時代を生きる1人でも多くの人に1日でも早く知っていただきたく思っています。

 

本日も最後まで読んでくださりありがとうございました。