宇宙水準点

宇宙水準点〈世界基軸教育と令和哲学〉

令和哲学者 NohJesu と共に歩む日本から始まる革命の道〜世界基軸教育によって人類がひとつになる〜

不完全言語の限界と完全言語

「1時間後に地球が滅亡するとしたら何をしますか?」 アインシュタインはこの質問に対して「1時間のうち55分を、なぜそうなってしまったのかの問題発見のために時間を使い、残り5分でその問題を解決する」と答えたそうです。 このことは、問題の原因が明確に…

ペロシ下院議長の台湾訪問と中国の反応と nTech

先週、ペロシ下院議長が台湾を訪問しました。 これに反発した中国では、以下の記事にあるように、4日から台湾を取り囲むようにして大規模な軍事演習を始めたようです。 www.asahi.com コロナパンデミックに加えロシアウクライナ戦争による大きな経済の圧迫の…

自分の学問と自分の思考を持って生きるための nTech

nTech では人間と人間の宇宙が実在しないと言っています。 これは、釈迦やジーザス、マホメットなどたくさんの宗教家や、アインシュタインなどの科学者、心理学者のフロイト、そして哲学者ソクラテスやカント、ニーチェも、あらゆる偉人が言い切ることができ…

宗教?科学?今一度考えるべきこととは

安倍元総理が亡くなって以来、あの事件の背景には統一教会があることについて日夜マスコミが騒いでいます。 政治との関わりにおいてトラブルがある宗教について皆様はどのように思われるでしょうか。 そもそも現代は科学至上主義の傾向が強いため、目に見え…

1000人SAMURAIの結集「令和維新始動 シン人類誕生祭!」

世界は今、解決策の見出すことのできない大きな問題に直面しています。 1920年代の戦後恐慌や震災恐慌、金融恐慌以上の世界的な大恐慌やスタグフレーションの危機到来。2019年来続き、600万人以上の死者を出しながらいまだに猛威を振るうコロナパンデミック…

世界経済の危機と共同体秩序意識の進化

今世界には地球温暖化の問題や人工知能AIの問題、日本を代表とする少子高齢化問題、貧富の格差、そして中国・ロシアのサプライチェーンを排除し自由主義陣営の新しいサプライチェーンを構築する経済戦争の問題など、さまざまな問題が溢れています。 これらの…

熱波襲来のヨーロッパをどうみるか

ヨーロッパでは熱波の襲来により、各地で40度を超える事態となっています。 これはCO2など温室効果ガスによる温暖化が原因ですが、イギリスでは記録をとり始めた過去100でどんどん気温が上がる傾向にあり、もっとも過去にもっとも暑かった上位10日のうち7日…

キーワードは「バブルの解消」

一説では人類は2050年には温暖化により地球上に住めなくなると言われています。 そのようにこれから訪れるであろう危機によりホモサピエンスが滅種となるか、画期的な突破口を発見し新文明創建にいくことができるのかは、この2022年、2023年、2024年にかかっ…

LaMDAを筆頭とするAI出現の意味とは

IBMワトソンやアルファアルファ碁など、ここ10年ほどで様々な分野でAIの普及が進んでいます。 先月には、Googleの意識を持つようになったと言われる対話アプリのための自動言語モデルLaMDAとその技術者の会話も公開され、一層の進化を目の当たりにされた方も…

安倍元総理の国葬と日本の新たなあゆみ

先日、1945年8月15日来アメリカに追従する日本のシンボルとも言える安倍元総理がお亡くなりになりました。 日本を円安に導いて貧しくしたとの見解もありますが、元総理の家系を遡って見てみると明治維新から続く要人が名を連ねていることがわかり、その子孫…

基軸通貨ドルの限界

FRBの利上げが続いています。 世界の経済において影響力を持つ国の利上げはその他の国にとって大きな影響のあることであり、今回のそれは例外ではないどころか、今までにないスタグフレーションが訪れると予測されています。 というのもアメリカの利上げに対…

安倍さんに感謝の気持ちを持って日本ニュースタート

衝撃の事件から2日。 たまたま入った店で見たテレビから流れるお昼のニュースで知ったが、一瞬目を疑った。今の時代に日本でこのようなことが起こりうるのかと。 1930年代には立て続けに日本の政治家が狙われる事件が起こっていたが、戦争を経てもう何十年も…

バトンは受け取った

安倍元総理の突然の不幸、お悔やみ申し上げます。 円安を引っ張り日本を貧しくしたなどいろいろ言われてはいましたが、それでも戦後自民党を創って世代を超えて日本を引っ張ってきた政治家の中心人物であり、戦後日本の象徴とも言える方だったと思います。 …

進化!令和哲学カフェ経済学パート

今日からの令和哲学カフェは経済学パートです。 今、世界レベルのスタグフレーションが訪れようとしていますが、このような時代に私たちはどのように生きるべきなのでしょうか。 このことについて令和哲学の観点からみてみます。 今まで科学の時代は、私たち…

世界の物価上昇に対するデモと nTech

世界で物価上昇を受けての政府に対するデモが広がっています。 www.youtube.com 現在の世界の状況を察するのにとてもわかりやすい映像だと思ったので載せてみましたが、これらはいうまでもなく2019年からのコロナパンデミックによるサプライチェーンの停止に…

安定したサプライチェーンを構築する概念 A=not A

このところ A=not A につて書いていますが、今回もそれを深めていこうと思います。 A=not A は一番大きい世界と一番小さい世界が動的平衡を維持している状態(イコールの状態)ともいえます。そしてこれを理解するためには存在が動くのではなく、動きによ…

行動に涙とエネルギーがあるのか否か

行動は自由意志か、それとも機械的条件反射か。 今回の令和哲学カフェのお題はこれ!このお題について、いつものごとく哲学者が答える。 プラトン麻衣子。 勇気ある軍人、節制の市民、知恵の政治家のうち、勇気ある軍人と知恵ある政治家は自由意志。節制の市…

ディスカッションができるように判断できるようになろう

本日も参加しました。令和哲学カフェ。 今回のカフェのテーマは「勇気ある行動はどうしたら出せるか」 釈迦、イエスは勇気ある行動。日本も明治維新、アメリカとの戦争起こすのは勇気。誰も行動しない時に行動を起こすことについて上のテーマに沿って意見出…

革命家の覚悟

起業家か革命家か。 この話の発端は、令和哲学カフェにて小水カントの「カントは永遠平和を語りながらもいつまでにという期限までは決めきれなかったのに対して先生ははっきり言い切っているが、その背景には何があるのか」という NohJesu への質問から始ま…

自分は人間だと主張するAIをどう考えるべきか

本日も令和哲学カフェに参加しました。 今日は今話題になっている意識があると言われたAIとGoogleの技術者の会話についての話がありましたが、非常に興味深かったです。 まずはこちらの記事。 nazology.net LaMDAの発言の中に「世界がどのように存在しどのよ…

新しい体系的理解の基本単位

NohJesu の話の中で「体系的理解の最小単位」という言葉が出てきますが、これは何を意味しているのでしょうか。 まず「体系的理解」とは、西洋の科学者が長い時間をかけて5感覚の目に見える世界より小さい世界を顕微鏡によって、肉眼では確認できない遠い天…

宇宙村ビジョンワーク&SAMURAI結成式

宇宙村ビジョンワーク&SAMURAI結成式に参加しました。 このワークショップと結成式は令和哲学、nTech の目指すビジョンの共有とそのビジョンに賛同して志を同じくする人(侍)たちの集まりの場です。 今回は第4回ということで、世界経済や世界情勢も踏まえた…

この3年、スイッチ入れば未来は明るい!

本日も参加しました、令和哲学カフェ。 今日のお題は「世界レベルのスタグフレーションが来るときに日本はこの危機をどのように突破するべきか?」「どんな行動をすべきか?」でした。 プラトン麻衣子。 不安に生きるか、理想に死ぬか。 NohJesu。 善のイデ…

日本、出番が来ているぞ!

本日も参加しました、恒例の令和哲学カフェ。 今日のお題は、カント哲学のプレゼンの内容を引っ張って、何を知り、何を実践し、何を希望すべきか、つまり結果を獲得できる行動とは何か?そしてそのために人間は何を知るべきか? カントが今の日本に来たとし…

体系的理解の基本単位を与える真理の刀

参加しました、令和哲学カフェ。 本日からはまた新しくメンバーが代わって「行動を哲学する」というテーマで2週間が始まりました。 他の動物や植物と違い、”自分”があるのが人間の特徴だというお話からスタート。この”自分”があるから人間は基本不安なのだそ…

アウグスティヌス「神の国」を読む のはずが・・・

先日、書籍「アウグスティヌス講話」を読み感動したことを少し書きました。 それ以来少し調べてみたところ、古代末期まではギリシア哲学とキリスト教はどちらかというと対立の関係にあったようです。しかし当時を生きた教父たちは異教徒からキリスト教を守ら…

日本を変革させるカギはコレ!

本日も参加しました、令和哲学カフェ。 いやー、今日もみなさん熱かったですね! 今夜は2週間の最終日ということで「日本を変革させるカギとは?」のお題でフリーディスカッション。一人一人が思いを語ってくれました。 まずは熊倉ニーチェ。 77年間もの砂漠…

令和哲学と書籍『アウグスティヌス講話』

書籍『アウグスティヌス講話』を読みました。 この本、絶版となりどこの本屋にも置いてなかったものですが、どうしても読みたいと思いAmazonで数冊だけ在庫があることを発見し即購入した貴重な一冊です。 アウグスティヌスとは古代末期のキリスト教神学者で…

涙あり、感動あり、ガッテンありの質問道場

参加しました、本日の令和哲学カフェ。 今日は質問道場の日。2週目を通して浮かんだ疑問をアウトプットする日です。 今回の質問道場も涙あり、感動あり、ガッテンありの有意義な時間になりました。 まず一つ目は。本物は理解すると本物とわかり同時に偽物が…

令和哲学の核心のイメージについて

本日も参加しました、令和哲学カフェ。 明確な確信があって26年間発信し続けている nTech だからこそ、平日毎日夜21時と遅い時間に4年間やり続けると言い切って継続することができています。 今回は人間だったら絶対知らないといけないこと、すなわち絶対知…